ページ

2012年1月30日月曜日

ホテルの有線LANが無線化できる!名刺サイズのポケットルーター「WN-G150TR」



今やノートPCがあれば、どこにいても仕事ができる時代だ。筆者のような仕事をしていると、仕事場以外での作業が多い日もあるほどで、ノートPCは常に持ち歩いている。

都市部では、無線LANスポットも多数あり、緊急時モバイルルーターも利用すれば、それほど困らない。しかし、出張や旅先となると、少々事情が違ってくる。インターネットが利用できるホテルを確保するが、有線LANしか使えないところもまだ多いのが悩みの種だ。

自室とはいえ、有線LANは使える場所が限定されてしまう。自宅のように部屋のどこでもネットが利用できる無線LANを使いたいものだ。
今回も、アイ・オー・データ機器サイトで調べて、ピッタリのアイテムを見つけた。

手のひらに収まるほど小さいのにWi-Fi通信の高速インターネットができる、ポケットルーター「WN-G150TR」だ。

「WN-G150TR」をホテルの有線LANに繋ぐだけで、無線でインターネット接続が利用できるので、旅先の宿でも自宅と同じように無線でノートPCやポータブルゲーム機をつかえるのだ。

さっそく、この便利なポケットルーターを詳しく紹介しよう。

■ホテルの有線LANが簡単に無線化できる
「WN-G150TR」は、Wi-Fi通信の高速インターネットができるポケットルーターだ。
非常に小さいルーターなのに、これだけでノートPCからスマートフォン、ゲーム機まで、WiFi対応機器ならなんでもネットに接続できるのだ。
Wi-Fi通信の高速インターネットができる、ポケットルーター「WN-G150TR」

たとえば、有線LANしか使えないホテルや宿だと、LANポートが搭載されてないMacBook Airなどではインターネットが利用できないわけだが、本製品さえあれば、無線LAN接続してネットを利用できるようになる。
ポケットルーター「WN-G150TR」

製品パッケージには、LANケーブル、USB給電コード、かんたんセットアップガイド、必ずお読みくださいなどが同梱されている。
「WN-G150TR」の付属品

対応機種は、DOS/Vマシン、Apple Macintoshシリーズ。パッケージには無線接続に必要なものはすべて揃っており、iPhone 4SをはじめとするAppleモバイル機器
、タブレット端末、ポータブルゲーム機などWiFi対応機器であれば問題なく利用できる。


■1.2.3、これだけで「WN-G150TR」は使える
「WN-G150TR」で有線LANを無線化する準備は簡単だ。

ステップ1
ホテルの客室のLANコネクターからLANケーブルを接続する。
LANケーブルを接続する

ステップ2
電源を接続する。電源は、パソコンのUSBポートを利用してもよいし、スマートフォンに付属または市販のUSB変換ACアダプターを使用してもよい。
パソコンのUSBポートから電源をとる方法

市販のUSBポート変換ACアダプターから電源をとる方法

ステップ3 
ランプの状態を確認する。
ランプの状態を確認する


■さぁ「WN-G150TR」でネットに接続してみよう
1.パソコンで使う– Windows 7の場合
タスクトレイにある無線LANのアイコンをクリックしたのち、「WN-G150TR」の「SSID1」を選択して、「接続」ボタンを押す。

セキュリティキーを聞かれたら、「WN-G150TR」の「WPS」ボタンを約3秒間長押しして離し、そのまま画面が消えるまで待つ。すると設定が完了し、自動的に画面が消える。

しばらく待っても画面が消えない場合には、「セキュリティキー」に「WN-G150TR」の「暗号キー」を入力しよう。

●ボタン長押しだけで設定完了!
無線接続で面倒なのがセキュリティキーの入力だが、「WN-G150TR」の接続は本体の側面にある[WPS」ボタンの長押しで設定できるので、初めての人でもストレスなく使い始められるのだ。
「WN-G150TR」の「SSID1」を選択して、「接続」ボタンを押そう

2. スマートフォンを繋げよう – iPhone / Andorid
iPhone/iPad/iPod touchの場合はAppStore、Andoridの場合はAndroidマーケットを開いて、「QRコネクト」を検索してインストールしよう。(いずれのアプリも無料)

スマートフォンのホーム画面に戻り、インストールした「QRコネクト」をタップして起動する。
「WN-G150TR」本体裏の「QRコード」にスマートフォンのカメラをかざして、QRコードを読み取ろう。
「WN-G150TR」の裏面に貼付されているシール

シールに記載の「QRコード」にカメラをかざして、QRコードを読み取ろう

iPhone/iPad/iPod touchの場合は、設定アプリのインストールが実行され、これだけで無線LANの設定が完了する。
iPhoneでインターネットが楽しめる

iPadも同様の手順でインターネットを満喫できる

3.ニンテンドー 3DSで繋げよう
ニンテンドー 3DSの「はじめる」(本体設定)から「インターネット」-「接続設定」の順にタッチしたら、接続先1~3のうち、「未設定」のひとつをタッチする。
「はじめる」(本体設定)から「インターネット」-「接続設定」の順にタッチする

「アクセスポイントを検索」の画面では、「SETUP」ボタンを押してから、「WN-G150TR」の「WPS」ボタンを3秒以上押そう。無線LANの設定が完了する。
「アクセスポイントを検索」の画面では、「SETUP」ボタンを押す

「WN-G150TR」の「WPS」ボタンを3秒以上押そう

●ワンポイントアドバイス - カバンにぶら下げて紛失防止
「WN-G150TR」は、便利なアイテムだが、うっかり忘れてしまっては後の祭りだ。実は、「WN-G150TR」の上部には、ストラップ用の穴がある。

「WN-G150TR」の上部には、ストラップ用の穴がある

「WN-G150TR」にストラップを付けて、カバンの中にしまっておけば、忘れたり無くしたりすることがないだろう。
ストラップを用意すれば、カバンにぶら下げることができる


「WN-G150TRシリーズ」は、スマートフォンやゲーム機を手軽にWi-Fi接続できる、コンパクトなポケットルーターだ。
出張や旅行先でホテルの有線LANを無線化して、スマートフォンやMacBook Air、スレートPCなどを手間をかけずに無線接続できるところが、すごく便利だ。
とくに、スマートフォンとの無線設定は、旅先で忙しいなかでもQRコードを読み取るだけなので助かる。

一度「WN-G150TR」との接続設定が完了すれば、以後は特別なことがない限り再設定の必要もないところもよい。毎回ホテルで無線LANを設定し直す作業とも、これさえあれば、もう不要だ。

出張や旅先のホテルで、快適にネット利用したい人には、是非とも用意したいアイテムだろう。



2012年1月15日日曜日

就職活動において大切なこととは・・

かなり競争が激しく大学生は、かなり焦っていることと思います。

そんな中で、重要なのが就活サイトでの素早い情報収集ですよね。

新卒採用が始まると、説明会予約などはものの5分と持たずに予約がいっぱいになってしまうことは人気企業では当たり前。興味がったのに就職活動の選考を受けることもできないで終わってしまうなんて前年ですよね。

ということで、私は、
自分が入りたい企業の状況をいち早く就活サイトでゲットして、まずは説明会やエントリーをしなければ勝ち目はないのでは?と思います。

エントリー内容や、自己紹介、志望動機はもちろん頑張らなければなりませんが、その前段階では、エントリーできない・・・なんてことにならないように、就活サイトは多く登録しておいたほうがいいですよね。

まずは就活サイトに登録して、情報を収集することが大切ですね。

下記はお勧めサイトです。
http://swot.jp/shukatsu/

就職SWOTとは、新卒採用・中途採用を行う企業の特徴を
『強み・弱み・機会・脅威』の4つに分類し、まとめたサイトになります。
誰でも特徴を編集することができます。これらの特徴を活かして、企業選びはもちろん、
面接対策などにも役立ててください!

2012年1月9日月曜日

ミクシィも麻薬取引の温床か?

これまで、薬物売買の書き込みや、薬物使用者のインプレが公然と行われ、問題視されていた「2ちゃんねる」の「薬、違法板」だが、ついに昨年11月末、警察のメスが入った。約4500人に1億円以上の覚醒剤を販売したとして、密売人が逮捕され、2ちゃんねるのサーバー管理会社も麻薬特例法違反の疑いで家宅捜索を受けたのだ。

押収データから薬物利用者やプッシャーにまで捜査が及ぶのではと狂乱するユーザーがいる一方、本稿執筆時点(2011年12月13日)でさえ以下のような書き込みが行われているからあきれてしまう。

<東京都内にて冷たいお菓子(編注:覚せい剤)を販売中☆~中略~深夜、早朝も営業中♪ 宅配もOK。連絡先はxxx@gmail.com>(アドレスは伏字)

都内のプッシャー・Yは言う。

「元々2ちゃんねるでネタ売っているプッシャーは、末端中の末端で、流通量も全体からみたらカスみたいなものだったから警察も本気で摘発してなかった。ホームレスを名義人に立てた私書箱にネタを預けておいて、何も知らない配達係に取りにこさせて郵送するという方法がメジャーだね。書き込みも個人特定が難しい場所と方法でやっているから、今でも通常営業してるよ」

だが、“オンラインプッシャー”の次なる売り場開拓は始まっている。それがSNS大手のミクシィや、フェイスブックへの進出だ。これまで、クラブイベントを中心に薬物を売っていたというYもこの動きに注目しているという。

「例えばミクシィには、大麻好きが集う『大麻解禁』なんていう露骨なコミュニティがたくさんあるし、ネタ食ってないヤツはいないっていう箱(クラブ)やレイブの常連コミュもある。でも、もちろんそういうコミュに直に2ちゃんねるみたいに『売ります』とは書けない。そこで、明らかに『ネタ食ってるな』っていうユーザーに、こちらから暗号でメッセージを送るんですよ」

◆今回の逮捕騒動は、いい宣伝になった

暗号とは、携帯電話の番号を数字ではなく日本語入力で打ったもの(例えば090なら「わらわ」)や、PCのキーボードのカナ入力を欧文で打ったもの(例えばSありますなら「5R3LJR」)。入力置き換え型の比較的単純な手口だが、ミクシィの検閲システムを突破できるうえ、意味がわかる人だけしか返事してこないから効率的だというのだ。

「アカウントも不正取得したものだけど、書き込みをしない限り、削除もされない。怪しいヤツに片っ端からメッセージを送って、1人でも買い手がついたら、あとは簡単。そいつに仲間を紹介してもらって売ったり『多少抜いていいから』と割引価格で多めに売る」

Yはネット上での薬物取引は一部に過ぎないというが、暴排条例の施行以降、薬物取り締まりが厳しくなって業界全体が苦しいなか、今後はネット上での割合が増えるのではと推測する。

別のプッシャー・Rは言う。

「関東圏の都市部が全体的に厳しくて、最近じゃ横浜のプッシャーが御殿場あたりまで遠征して、大型駐車場で車の窓渡しをしてる(プッシャーと客が車を並べて窓から窓へ薬物とカネを交換する)。クラブも締め付けがきつく、夏と冬のレイブイベント時期も有力な胴元が仕切ってるからやり辛い。コンスタントに売るならこれからはネットだね。今回の騒動で『ガチで2ちゃんねるでネタ買えるんだ』って知ったヤツも多いから、いい宣伝にもなったよ」

摘発は更なるネット薬物汚染の契機になってしまったのだろうか。