ページ

2013年3月26日火曜日

ソフトバンク「パズドラ」のガンホーを子会社化、スマホゲーム事業を強化へ


 ソフトバンクモバイル株式会社は3月25日、スマートフォン向け人気ゲームの「パズル&ドラゴンズ」で業績を伸ばしているガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社を子会社化すると発表した。
 プレイスリリースによると、ソフトバンクモバイル株式会社はガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の普通株式を公開買付けにより取得するという。
 ソフトバンクモバイル株式会社はガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社を子会社化することで、オンラインゲームやスマートフォンゲーム事業を強化する狙いだ。
 現在、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社はソフトバンクBB株式会社が33.36%の株式を所有している。今回取得する株式とあわせると、ソフトバンクグループで50%以上取得することになる。
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社はソフトバンクモバイルの孫正義代表取締役社長の実弟である孫泰蔵氏が代表取締役会長を務めており、2012年にリリースしたスマートフォン向けのパズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」がヒットし、去年1年間の売り上げが250億円余りに達していた。
 なお、「パズル&ドラゴンズ」は2013年3月時点でiOS版Android版あわせて1,000万ダウンロードを突破している。
 今回のソフトバンクモバイル株式会社がガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社を子会社化することによって、オンラインゲーム業界にどのような影響を与えるのか注目したい。

2013年3月23日土曜日

ハイスピードチャーァァジっ! iPhone一回ぶんを15分で蓄えられるモバイルバッテリー


130322_vol_top.jpg

爆速充電!
15分でiPhone一回分(約1,440mAh)を内部に蓄えられるモバイルバッテリー、『Voltissimo』(ヴォルティッシモ)が予約受付中です。バッテリーが足りない、時間もない! という、忙しい方におすすめですよ。
なお、15分というのは、あくまでこのヴォルティッシモ自体に蓄えるのにかかる時間。スマホへの充電は、普通の急速充電となります。
とはいえ、バッテリーそのものへの充電時間って、結構重要ですよね。いざというとき、充電する時間が足りなかったら困りますから。
 

130322_vol_01.jpg

本商品のバッテリー容量は、8,000mAh。なかなかの大容量ですね。これだけの電気を蓄えることができながら、94分でフル充電とのこと。高速充電が活きてますね。
カラーは白と黒の2種。個人的には白のほうが好みかな。

130322_vol_02.jpg

出荷開始は4月中旬予定で、価格は一つ1万5800円。少々お高いですが、時間がない人にはお金に変えられない価値があるのではないかと思いました。

オシャレ志向ならこちら
130227_mujirushi_top2.jpg

2013年3月18日月曜日

iPhoneでメールの容量が大きくて送れなくなったらこうする

iPhoneのメールで写真を送付したいときに添付した写真の容量が大きくて送信できないことがある。

エラーメッセージを見たことがないだろうか。

そんなときにどうすればいいのか、今回はソフトバンク版iPhoneを例にしてその方法をお教えしよう。

@i.softbank.jpのメールアドレスを使ってメールを送信する際のルールとして、ソフトバンクモバイルでは送受信可能サイズを1MBまでに制限している。

このため、それを超える容量の写真等を送信しようとするとエラーメッセージがでてしまうのだ。

ちなみに、au版iPhoneでは、@ezweb.ne.jpのアドレスを使った場合、メールサイズが3MBまでであれば使用することができる。

それでは、1MB以上の容量の添付ファイルを送るにはどうするべきか。

それは、GmailやiCloudメールなどを使うことで対処できる。

ここではその設定法までは触れないが、1MB以上の容量のある添付ファイルを送るには、メールアプリを起動後、i.softbank.jp以外のアカウントを選択して添付ファイルを送ればいい。

なお、Gmailで送受信可能なメールのサイズは25MBまで、Yahooメールも同様に25MBまで、iCloudメールでは20MBまでとなっている。

2013年3月10日日曜日

ファミマ、年収2・2%引き上げ…賞与も上乗せ


 ファミリーマートは7日、社員約2700人の2013年度の年収を前年度より2・2%引き上げる方針を明らかにした。
 2月の労使交渉では、1・5%の定期昇給で妥結しているが、これに加えて賞与を増やす。甘利経済再生相が5日の記者会見で、小売業で相次ぐ賃上げについて「次はファミマと期待している」と述べたことを受け、上積みした格好だ。
 同社は「政府の物価上昇率目標の2%を上回る水準が必要と考えた」と説明している。

漫画喫茶の月商600万円 うち原価は80万円の超おいしい商売


 世の中には不況なんてなんのその、しっかりと稼いでいるビジネスがある。 ここでは、駅前に必ずといっていいほどある漫画喫茶やインターネットカフェの「儲けのカラクリ」を紹介する。
 船井総合研究所の経営コンサルタント・藤本翔氏がいう。
「漫画+ネットが一番オーソドックスなスタイル。50席の店の場合、家賃を除いた原価は80万円ほど。月商は600万円くらいなので、かなりおいしい商売です。時間あたりの料金なので、いかに滞在時間を延ばすかが儲けのポイント」
 フリードリンクの店がほとんどだが、飲み物の原価は数円程度。最近はビリヤード台やスロット、女性客用に酸素カプセルを置いている店まであるという。
「漫画は、古書を集める中継ぎ業者から買う。個人オーナー店では、自分で古書店を回ったり、ネットオークションで安く落としたりもするようです。フランチャイズ展開している大手の場合、潰れた店舗の在庫をまるごと買い取ることもあります」(藤本氏)
 漫画喫茶は、作品の購入や利用の代金がまったく作家に還元されない。そのため作家や出版社から抗議の声が上がっているが、儲けの前ではそんなことお構いなしということか。

「いいね!」を「どうでもいいね!」に置換するChrome拡張機能


130309dodemoiine.jpg

先日、「いいね!」を「いいジャン!」にするFacebook専用ブラウザ『eJean』を取り上げましたが、今回は「いいね!」を「どうでもいいね!」に変えるChrome拡張機能をご紹介します。
「Facebookは他人の日記」とよく言われますが、往々にして読み手にとって「どうでもいいね!」という投稿を目にすることがあります。そんな時、いいね!をどうでもいいね!に変えてしまおう、というのが「IdontCare」です。
130308idontcare01.jpg

Chromeウェブストアで IdontCareをダウンロードしましょう。こちらのページの右上にある「Chromeに追加」をクリックします。

130308idontcare02.jpg

すると、このようにChromeの右上に常駐します。

130308idontcare03.jpg

Facebookを開いた状態でアイコンをクリックし、「置換しちゃう」をクリックします。

130308idontcare04.jpg

すると、「いいね!」が「どうでもいいね!!」に置換されます。

130308idontcare05.jpg

置換する文言は自由に変更できます。例えば「残念な人ですね」に変えて使ってみました。

130308idontcare06.jpg

もちろんこの拡張機能はブラウザ上の表記を変えているだけですので、相手側に伝わることはありません。また、リアルタイムのフィードには未対応なので、タブを更新したら再度アイコンを押してください。
いいね!という言葉に違和感を覚えたら、この拡張機能をお試しください。

2013年3月4日月曜日

「汚染物質を扇風機で日本海へ」大気汚染に悩む中国で、仰天計画相次ぐ


 中国の大気汚染の悪化が止まらない。2月28日には北京市と隣接する河南省で、24時間当たりの汚染物質の濃度が、WHOが定める環境基準の10~20倍となる数値を記録した。同省の高速道路ではこの日、大気汚染に起因するとみられる異常濃霧の中、自動車30台が絡む玉突き事故が発生。もはや中国の大気汚染は、健康被害を超えた弊害に見舞われているのだ。
 成長至上主義のもと、環境問題を放置してきた政府に生活者たちの批判が集まる中、政府は今後どのような対策を講じるのだろうか?
 ネット上では、「大気汚染から逃れるため、2016年に首都を北京から河南省信陽市に移すことが政府決定された」という未確認情報が飛び交っている。信陽市では首都移転を見越し、すでに不動産を買いあさる動きもあるという。
 また、「北京市中心を巨大ドームで覆い、内部の空気を清潔に保つ」という出所不明の計画もネット上をにぎわせている。
 
 広東省ブロック紙の社会部記者は、政府による大気汚染対策についてこう話す。
「内陸部の都市では、実験的に人工降雨弾を使った浄化作戦を実行している。雨によって一時的に大気の汚染レベルを低下させようというものですが、効果のほどは不明です。また、環境保護部の内部では『巨大な扇風機を日本海に向けて並べて、沿岸部上空を換気しよう』という、荒唐無稽な計画も浮上しているそう。大気汚染に関してはそれだけ切羽つまっていて、わらにもすがりたいということだろう」
 PM2.5をはじめとする中国からの汚染物質は、すでに日本にも到達している。中国には、早急に自分の尻を拭わせる必要があるだろう。